FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月1日号 第4568号 

2月1日号 ―主なニュース―

○2島が一致して観光強化へ―交流人口拡大の宣言に調印―
 ―本市観光協会と対馬市観光物産協会―


観光協会調印

 壱岐市観光協会(長嶋立身会長)と対馬観光物産協会(庄野伸十郎会長)は二十六日、対馬市交流センターで開かれた壱岐対馬航路活性化協議会の冒頭、「壱岐対馬観光力向上共同宣言書」に調印した。これにより両市は、情報発信など一致した取り組みを行うことになった。


○初代所長は梶永圭弁護士―今月1日オープン―
 ―壱岐ひまわり基金法律事務所―


法律事務所開所

 壱岐ひまわり基金法律事務所の開所式が二十九日、郷ノ浦町、ホテル太安閣であり、初代所長の梶永圭弁護士(39)=写真=が抱負を語った。きょう一日から同町、(株)NTT西日本壱岐営業所三階で業務が始まった。
 地方の司法過疎解消を目的に、弁護士が毎月特別会費を出し積み立てる日本弁護士連合会の基金「ひまわり基金」を利用して開設。県内では六番目、全国では九十九番目の開所となる。



○社説 壱岐・対馬間の観光力向上宣言に

 壱岐市観光協会と対馬観光物産協会がこのほど「壱岐対馬観光力向上宣言」に調印し、これからは和気あいあいと新たにスクラムを組み、各種イベントの共同・相互開催、情報、人事交流など行いながら、観光、物産の振興に取り組む方針という。
 「九州北部、玄界灘に浮かぶ壱岐と対馬は、魏志倭人伝、古事記の時代から兄弟のように描かれてきた」などとその観光力向上宣言にもある通り、ずい分以前から壱岐・対馬両島について▽国づくりを考える上で重要な島、スタートの地▽文化の中継地点▽シルクロードの日本の玄関口▽伊都国の一部だったのでは▽神話のふる里―などなど、出会った何人もの研究者らが話していた。
 古(いにしえ)の頃からの両島の関係は深く、それは壱岐の位置を説明する際に「壱岐・対馬の壱岐」などと話したり、朝鮮半島や大陸との交流の海路の拠点であったりと、山が高くたてに長い対馬と平坦で雪の結晶にも例えられる壱岐の島と様々に対照的であったりするが、その関係性を意識した両島の観光振興による活性化への共同宣言は、なぜか関係性が非常に低次元なレベルで、否定的であったことの払しょくにもつながるものとなろうし、大きく言えば宣言の実行による新たなる歴史づくりが、より豊かに進んで行く事を祈念したい。
 観光は、今後の両市の地域振興を左右する非常に重要な産業であるが、長引く景気の低迷は、観光にもその影を落としている。そうした中で、本市では三月十四日に市立博物館がオープンし、これを機にその博物館を中心に据えた島ごと博物館構想が展開され、一層の観光振興が図られることになる。
 白川博一市長は本紙新年号のあいさつで交流人口の拡大について「博物館の完成を機に、通年型観光メニューにより、さらなる交流人口の拡大につなげたい。そのために昨年から、効果的に市内外へ壱岐の魅力を発信する広報戦略業務や観光アドバイザーの招聘を行い、今後も積極的な誘致活動の展開と、観光立島に向けた取り組みを推進したい」などとしているだけに、壱岐・対馬の両協会の交流から、どのように取り組みが展開されてくるのかが楽しみでもある。
 壱岐と対馬には、国の古い歴史のベースになっているものも多い。対照的な地勢もその商品づくりに利用できようし、神話をはじめよりマニアックな観光の商品づくりには、両島を一本化したものや、それに韓国や中国、アジアの国々を含めたものなどもあろう。
 楽しみな交流のスタートである。


○ひとしずく

昨日は雨の影響で注意報が発令されるほどの空気の乾燥状態が和らぎ、のどを心地好く大気が通るような気がして、退社時の駐車場で、車に乗る前の数回の深呼吸がとても気分を良くしてくれた▼これで少しはインフルエンザの本市での流行に歯止めが掛からぬものかと思うが、昨晩のニュースで再び新型インフルエンザが流行するようなニュースを報じていた。本市の患者数は、警報発令の基準の二倍以上にも達し、全国平均や長崎、福岡両県、対馬、福岡市の平均患者数からみても突出した多さであり、感染のさらなる広がりが心配される事態となっている▼これからインフルエンザの流行期が終わるとされている三月までは、受験の期間であったり、年度末の重要な時期と重なっているだけに、市民にマスクの着用の徹底や手洗い、うがいの励行、暴飲暴食を避けてできるだけストレスなど溜め込まないように心掛けるなど、体調管理の徹底などによる予防が呼びかけられている▼最近は、それまでより少し早く起きてラジオ体操をしているが、真剣にしてみると、案外、身体のあちこちの筋肉が伸ばされる感覚やゆっくりとした足の曲げ伸ばし、ひねりなどの動きによる負荷が感じられて、なかなか興味深く毎回の体操を、「イテテテ」などと声を上げながら、健康への細やかなチャレンジとして楽しんでいる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。