FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月21日号 第4683号 

9月21日号ー主なニュースー


○社説 チャレンジ!「芸術の秋」

 広く県民から美術作品を公募し、県民の芸術鑑賞・参加機会の創出と美術活動を普及促進し、本県の芸術文化の振興を図る―、県、県教委、県美術協会、県文化団体協議会が主催する第56回「長崎県美術展覧会」=県展=が11日に長崎市、県美術館で開幕、25日までの会期中、本市からの入選、入賞の4氏の作品なども公開されており、29日から10月9日まで佐世保市、佐世保市博物館島瀬美術センター、10月13日から23日まで諫早市、諫早文化会館で行われるが、本市での開催を願いたい。
 台風の影響もあるのか、ずい分涼しい日がこの数日続いており、台風の影響を強く受ける前、夕焼けの空や星空、日中でも林の木陰や夜間に外から届く虫たちの鳴き声、早朝に港を出て漁に行くのであろう船と海、空の様子など、秋という季節の香りが意識され、暑さから解放されてリラックスする心身が、ホットしている様子が伝わってくるような頃となったことを実感し、深まる秋色の壱岐の島の自然や風物など、その光景や感動を、絵や写真に音楽に、何とか表現したいものと、毎年この時季になると思う。
 先日は、我が社近くにある民家の庭で、きれいな鉢に植えられているとても美しい多肉植物を、頼んで写真に撮らせてもらった。以前にも記したことがあるが、その植物の鉢の中の世界観が何とも素晴らしく、自分にはその小さな中に宇宙の息づかいのような雰囲気や外の世界につながる生命感のようなオーラというか気が感じられ、ずい分長い間、近くを通るたびに見つめてきたが、やっと”写真に”と思い立ち、今回その鉢の一つに感じている美しさを、表現できているかどうかは別にして、この4面に掲載している。
 ”芸術の秋”とも言われるこの時期、各地で様々な催しが行われる。本市もそのシーズンのフィナーレを飾る市美術展(11月18~20日、郷ノ浦町、文化ホール)や音楽、演劇を含め一支国博物館や文化ホールで様々に予定されている。好きなジャンルで言うと、一支国博物館での弦楽四重奏や室内合奏団の演奏、本市にゆかりのあるテノール歌手も出演するコンサートなど、今から楽しみにしているが、絵画で、旧沼津中学校にも勤務した上田清人氏の展覧会も同様である。
 特に自然界に心を動かす素材がいっぱいのこの季節に、美術や音楽、俳句や短歌、川柳、詩―の文芸など、自分なりのイメージを何かで表現してみたり、チャレンジするのは心から楽しいし、作品が完成するとうれしいものである。チャレンジ!芸術の秋。


○ひとしずく

涼しい風が、最近になって我が家にも通るようになってきた。鍋料理などテレビのコマーシャルでも、だいぶ真実味が感じられるようになった▼今夏は、例年開いてきた「辛味の効いた鍋料理による暑気払いの会」を開けぬままにこの秋を迎えたので、そろそろ、どこかのスーパーの売り出しではないが「秋の大感謝祭」とでも銘打って、友人たちを招き鍋料理の集いでも…と思っている▼壱岐牛の肉と壱州豆腐をメインに、たっぷりの刻んだネギ(根深)をかけて食べる。スープは、カツオ風味のダシを醤油で味を決めたもの。鶏肉のミンチを使った塩味のチャンコ鍋風のものなどなど様々であるが、さっそく次の日曜の晩にでもと思う。友人たちに連絡しなくては▼サンマも美味しい季節で、最近は輸送のスピードや保存方法の進歩で、本市でも遠く北海道沖で獲れたものが、刺身でも食べることができる。これは、食べる時にいつも思うが凄いことである。逆に壱岐の漁業者が水揚げした素晴らしい魚も、都会など各地の人々の口に、今以上に入ることに関しても同様である▼東京で暮らす母が、帰省することがあれば、みやげは何より島の魚を―と話すことがある。関東に住む釣りの名人も壱岐の魚のうまさについて、「太平洋のものとは旨さが違う」と語っていた▼壱岐は、まったく滋味に富んだ美味しい食材の宝庫である。

スポンサーサイト

2011年9月16日号 第4682号 

9月16日号ー主なニュースー


○定数4減の16で委員長報告へー市議会改革検討特別委員会ー

議会改革特別委

 市議会議会改革検討特別委員会(小金丸益明委員長)の第7回会合が13日、議場会議室で開かれ、現在20の議員定数を4減らし16とする委員会案をまとめた。
小金丸委員長は9月定例会最終日の22日に議会基本条例の制定案とともに委員長報告をする予定で、12月定例会で議会基本条例の制定と議員定数条例の改正を提案する運び。


○尺八奏者ブルース・ヒューバナーさん来演ー21日19:00から勝本町かざはやでー

 世界的な尺八奏者で福島県立医科大学でも教鞭を取るブルース・ヒューバナーさんの尺八演奏と第2のふる里という福島について語るコンサート「フクシマを思う遥か壱岐の島から~尺八演奏とフクシマのスライド&トークの夕べ」が21日午後7時から、勝本町、かざはやで開かれる。
 ブルースさんは、アメリカ・カリフォルニア出身。東京芸術大学邦楽科修士課程に入学し、人間国宝の故山口五郎氏に師事、外国人で初めて同課程を首席で修了、ヨーロッパ・アメリカツアーや日本各地でコンサートを開催、有名なジャズフェスティバルに招かれ、ニューヨークメトロポリタン美術館内のテーマ曲なども手がけている。


○社説 島の美しい海を守ろう

 先日、芦辺町、一支国博物館に寄った後、シーズンが過ぎた海水浴場にでも行ってみようと、石田町の筒城浜海水浴場の奥、七湊へ向い、浜辺に面した古い防波堤から、壱岐随一の浜が広がる筒城浜を眺めると、ちょうど浜の向こう端、監視棟の下で、観光客なのか家族連れのような人たちが泳いでいるように見えた。
 防波堤とその周辺の海には、エサをあさる真っ黒で50センチは超えているようなクロダイ=チヌ=やその幼魚のカイズ=メイタ=がたくさんおり、30センチ近いような見事なキスの群れ、サヨリかサヨリに似たダツの幼魚のような魚、今年ふ化したのか、まだ数センチ程の可愛らしいアオリイカ=ミズイカ=の姿も見られ、その時の海水のクリアな美しさに感動し、何だか得をしたような気分がしてうれしくもあった。
 シーズンが終わり、めっきり来る人が少なくなった浜辺を歩いたり眺めたり、ちょっとだけ海水に足を浸したりするのが好きで、今頃の時季になると出かけてみる。海水浴客らが出したゴミの残りなども減り、浜の雰囲気もぐっと落ち着いて、海の表情がとても穏やかに感じられ、夏の疲れがとれてリフレッシュしていくような感覚が意識されるのがよい。そう、海水浴客らが体に塗っていたオイルの臭いが感じられないのもよい。
 郷ノ浦町、牧崎へ先日、久しぶりに行ってみた。すると、釣り人が捨てたエサの入っていたビニールやパッケージ、タバコの空き箱、魚肉ソーセージが入っていた赤いビニールなどが落ちていた。釣り人の中には、その場に着くと、まずそうしたゴミを拾い集めてから釣りをする人たちもいる。が、最近は、ずい分、磯での釣りに通じているように見える人の中にも、ゴミにその場で火をつける人、岩のすき間に押し込んだり放置して帰る人もあり、そんな様子を見かけると残念でならない。釣りで出たゴミは、次の釣行、環境のためにきちっと持ち帰って処分しよう。
 ここ壱岐の島周辺の海にもゴミが大小様々に浮遊している。先日も福岡へ向う船の中から見ていると、ずい分と生活ゴミのような物が浮いたり海中を漂っていた。漂着物の中には、国外からの物も多く見られるが、以前、テレビ番組で、日本で出たと思われる様々な廃棄物や生活ゴミが、太平洋の小さな島だったかの浜を埋め尽くす程、打ち上げられている様子を観たことがある。そんなシーンを見るのはとても辛い。無尽蔵にも思える海のゴミを少しでも減らし、その環境を島民皆で守ろう。多様な海からの恩恵を受け取り続けるためにも。


○ひとしずく

夜遅く電灯を消した部屋の、障子を透かすように差し込んでくる月の光、このところの夜の月の美しさは格別である。これからの時季に山々や海、家々の瓦屋根を照らすその光、逆に映す様子も、若い頃から好きで、気づくとよく眺めていた▼今年は特に月暦の8月15日(新暦9月12日)の中秋の名月が満月だったこともあり、翌日に「十五夜」を控え格別の趣があるとされる「待宵」の月も素晴らしく、未明に明るく部屋を照らす月の光で目がさめ、海を眺めてみると「遥かにも彼方にありて月の海」、この句にも似た風情を味わうことができた▼やはり名月は美しく、静かな夜に満月の光が冴え、月の中に見えるというもちをつくウサギの姿や「月読尊(つきよみのみこと)」に思いを馳せながら、食事の際の酔いをさますようにその月を見、虫の鳴き声に秋を意識しつつ眠りの世界へ。また未明に起きて月を眺めてみたが、たった1日のことではあるが、その趣は大きく異なって感じられた▼13日は「十六夜」で、十六夜の月は、精神の雅を楽しむものなどとされ、我が家近くの山から聞こえてくる虫の鳴き声も「十六夜のきのふともなく照しけり」の句のようで、移ろうもののはかなさが感じられた▼前号・社説で旧暦9月13日の「十三夜」が新暦10月3日とあるのは10月9日の誤りでした。

2011年9月12日号 第4681号 

9月12日号ー主なニュースー


○一家総出で”田んぼ”守る?!ー石田町筒城西触、西福寺近くでー

案山子

石田町筒城西触、西福寺近くの“田んぼ”のあぜに立ち、よく実っている稲とその田んぼを、3世代家族5人?、かかし一家が総出で守っている=写真=。


○社説 自分が見ている!秋の全国交通安全運動

 郷ノ浦町、弁天崎公園の駐車場で先日、最も奥の区画には、飲みかけの大型のペットボトル、空き缶、白いレジ袋、弁当のパッケージなどが散乱していた。早朝の清々しい空気をと思い出かけてみたが、まったく残念なシーンに出くわし、その日1日が気分悪く過ぎるような気がした。
 今年も早いもので9月中旬となり、来週21日には春・夏に続く秋の交通安全運動が30日までの10日間、全国で一斉に実施される。今回のスローガンは「やさしさが走るこの街この道路」で、運動の基本は、少子化が進む中で、次代を担う子どものかけがえのない命を、社会全体で交通事故から守ること。交通事故死者数の半数を高齢者が超えたことなどから、「子どもと高齢者の交通事故防止」。
 運動の重点は㈰夕暮れと夜間の走行中・自転車乗車中の交通事故防止(特に反射材用品などの着用の推進と自転車前照灯の点灯の徹底)㈪全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底㈫飲酒運転の根絶の3項目となっているが、意識さえあればどれも難しいことではない。反射材の使用や自転車の前照灯をつけること、シートベルトの着用、飲酒運転をしないことなども同様である。
 冒頭のゴミの問題も同様で、駐車場でタバコの吸い殻を山盛りに捨てたり、空き缶を立てて置いて行ったり、「エチケットを守ろう」という言葉が、少しでも頭はもちろん心に残っている人には、そのゴミを持ち帰ったりガソリンスタンドで処分してもらったりと、悪意があるような捨て方はしないはず。少々それているようだが、エチケットやルールを守るための心の有り様は、大きさの差などあっても変わることはない。
 他人が見ていなくても、自分の目は必ず見ており、心はそうしたことを感じ、そうさせた脳は、その行いを善くも悪くも記憶している。以前、カウンセラーが、ささいな自傷行為とされることでも、それを行うと肉体的、精神的に最も愛すべき自分を自分で傷つけることになり、積み重ねるうちに自分を取るに足らぬ存在として、心に常に劣等感を抱いているような、非常に否定的な状況をつくり出す―と話していたことが思い出される。しかし、いざその時に心の痛みを感じないようであれば、自分をよくよく見つめ直した方がよい。
 決して特別なことではなく、ルール、エチケットをしっかり守ることで、明るく安全な島づくりに参加しよう。環境問題への取り組みと、その出発点は何ら変わることはない。


○ひとしずく

わふわとした大きな穂が特徴で、ススキに似てはいるが、スケールの違いを感じるアルゼンチン、ブラジル南部原産のパンパスグラスを写しに石田方面に出かけ、思わぬものに出くわした▼筒城小学校方向に車を走らせていると、何ともユーモラスなかかしファミリーが、稲の豊かな実りを守るように横一列に並んでいる姿が目に飛び込み、車を近くに停めて見に行くと、顔の表情も見事に作られていた▼今年、島内あちこちで見かけたかかしの中ではナンバー1ではないかと思う。この1面に紹介しているが、そのユーモラスな姿はもちろん、壱岐をはじめ日本の自然、農業を守ろうと、見る者に訴えかけてくるようなイメージが、いささか伝わりにくい。機会があれば足を運んでほしい▼それでと言うわけではないが、来年は「島内おもしろかかしコンテスト」などと銘打って、アピール性や独創性、ユーモラス度、ユニークさなど競うコンテストを、企画してみるのも案外いけるかも。児童文学作品の「オズの魔法使い」やアニメ映画の「ハウルの城」などに出てきそうな”ご当地キャラクター”を創り出し、壱岐のPRに役立てては▼島での暮らしが楽しくなるようなアイデアを皆で出し合おう。これまでにないようなものでも、明るく朗らかで心がほぐれるようなアイデアなら、是非、実現につなげたい。

2011年9月6日号 第4680号 

9月6日号ー主なニュースー


○幼児力士の取り組みに湧くー市内17園(所)から延べ312人出場ー
ー第14回一支国幼児相撲大会ー


相撲

 今年で第14回目となる一支国幼児相撲大会が3日午前10時半から、芦辺町、離島センター・全天候型多目的施設で開かれ、幼児力士たちの力の込もった取り組みに会場全体が湧いた。


○社説 「十五夜」と「十三夜」

台風の影響が消えたかのように、昨日は美しい夕焼けが大空と雲を染め、涼しい秋の風が室内を通り抜けて、心地好い一時がゆっくりと過ぎて行った。手を合わせたくなるような夕日が沈み、しばらくすると夜の空には無数の星が瞬き、月齢7の上弦(じょうげん)の月=弓張り月=が、とても柔らかな光をここ壱岐の島にも、これ以上の優しさはないくらいに、そっと触れるように注いでいた。
 月の満ち欠けを基準にした旧暦の8月15日の夜は「十五夜」で、太陽を基準にした新暦では今月12日に当たる。この十五夜の月が「中秋(旧暦の8月)の名月」と呼ばれ、古くから大切にされてきた。今年こそは、米粉で月見だんごをつくって供え、「月餅」など丸い形の菓子、里いもの皮を残してゆでた「きぬかつぎ」=平安時代、女性が頭にかぶった、布をかぶせた傘の名称=、くだもの、神様が宿り魔よけの力もあるとされ、月見のあと軒先につるすと、1年間無病で過ごせるというススキの穂も飾りたい。
 ”ついで”というと語弊もあろうが、「秋の七草」=オミナエシ、ススキ、ナデシコ、クズ、キキョウ、ハギ、フジバカマ=も、手に入るだけでも飾りたい。はたして、月見だんごづくりには少々不安もあるが、「お月見」をすることなど、思い立った時がその時でもあろうし、最後のつもりで催し、壱岐より各地へ伝わったともされる「月読尊(つきよみのみこと)に思いを馳せて…。
 ちなみに月暦の9月13日(新暦10月3日)は「十三夜」で、十五夜に次いで月が美しいとされ、「後(のち)の月」といわれている。十五夜の「芋名月」に対し、「栗名月」「豆名月」ともいい、十五夜、十三夜しか月見をしないことを「片見月」といい、縁起が悪いことなのだそう。
 こんな計画を考えるだけで、その夜の月の光が心身に流れ込んでくるよう。とてもリラックスしてゆったりとした心豊かな時が、自分の周囲にも流れているような気がしてくるから不思議である。ひょっとすると、この不思議が「ゆとり」とか「癒し」につながる扉なのかもしれない―などとイメージもふくらんでくる。「名月や笛になるべき竹伐(き)らん」。笛は吹けないが、あまり大きな音、激しくない程度に楽器を弾いたり歌ってみるのもいいかもしれない。
 東日本大震災、豪雨災害、不況で悪化する雇用、後退する福祉、貧富など広がる格差、不安によるストレスいっぱいの社会に対し、そうしたリズムのイベントなどが今後より求められよう。大切にしたい。 



○ひとしずく

擦ったもんだしたあげく、ようやく首相が決まり、野田内閣がスタートした。その内閣支持率は菅内閣の末期(先月下旬)から一気に回復して62・8%にも達している▼東日本大震災の復旧・復興と東京電力・福島第1原発事故の収束を最優先課題とし、復興財源について、歳出削減を徹底しても足りない場合は、臨時増税が必要とし、円高・デフレ対策、社会保障と税の一体改革に伴う消費税率引き上げ法案を、来年3月までに提出することも課題としている▼四国、中国地方に豪雨を降らせ、甚大な被害を引き起こした台風12号、昨日夕方現在で全国の死者33人、行方不明者が57人にもなる激しさで、川の氾濫や土砂崩れなど大きな被害が出ている。今年の天候はどうなっているのだろうかと、最近、友人らと話すことが増えている▼この災害に対する復旧・復興にも力を入れて取り組む必要がある。とにかく、大災害は発生するのである。想定外と言う言葉で一つの括りを設けて、それを横に置いて様々に安心し合い、させあっている場合ではないことぐらいは、自然の巨大な力を見せつけられた今ならよく理解できよう▼就任早々ではあるが、野田首相も早く、政治的主張を一にするはずの、政党内の力を結集して、この難局を打開してほしい。現状は政治家として力を振るうに最高の局面であるはず。

2011年9月1日号 第4679号 

9月1日号ー主なニュースー


○慈悲・救済・希望・幸福などー使命を象徴するマークできるー
 ー一色宏氏がデザイン、NPOばさらの会ー


 「女性の社会参画による国(地域)づくりを」と、高齢、文化、教育、環境、国際の5部会と「かけ込み寺」構想から、女性の視点で行政への提言活動など展開するNPO法人・「ばさらの会」(大野二三四会長、本市勝本町出身)のシンボルマークがこのほどできあがり披露された。


○名称「きずな」に決まるー来年4月就航の新造フェリーー
 ー第1回壱岐対馬航路活性化協議会ー


本年度第1回壱岐対馬航路活性化協議会(会長・財部能成対馬市長)が26日、対馬市役所であり、来年4月就航予定の九州郵船の新造フェリーの名称が「きずな」に決定したと報告があった。


○“つぶやき”始めましたー県内JA初、市農協がツイッター開設ー

ツイッター

 市農協は8月5日、県内7農協で初となる「ツイッター」を開設した=写真=。
 ツイッターとは、インターネット上に140字以内の短文を投稿し、そのサイトに登録した「フォロワー」がその情報を閲覧、共有できるサイト。投稿された「ツイート」(つぶやき)を瞬時に閲覧できるため情報伝達が早く、インターネットの環境があれば世界中どこでも“フォロー”することができる。



○社説 近づく”文化の秋”に

 一支国博物館から先日、「一支博(いきはく)ニュース」が届いた。今号の表紙は、家族や友だちらと博物館を訪ね、今月25日まで行われている「古地図が語る壱岐の姿」を見学したり、キッズコーナーやバーチャル航海体験をした人たちが掲載されている。
 ページをめくると、「しまごと芸術祭」(10月7日~11月27日まで、1階テーマ展示室、3階多目的交流室ほか)の案内があり、期間いっぱい開かれる美術展では「壱岐の歴史的なもの」がテーマの市民絵画展・写真展、沼津中学校勤務での経験などを、壱岐シリーズのテーマで表現しているという上田清人展を紹介。
 音楽祭としては、日韓打楽器競演(10月8日)、市内でコーラスなど音楽を学ぶ子どもらが出演するミュージアムコンサート(同29日)、一支国浪漫コンサート(11月6日)、壱岐にひびく弦楽四重奏(同12日)、しまの夢飛行コンサート(19日)の案内があり、その他のイベントとして、いろり座(10月9日)や一支国座(11月23日)の公演、一支国寄席・江戸落語を堪能する(同13日)などが掲載されている(開演時間など博物館へ)。
 そろそろと近づいてきている”文化の秋”の香りが、その案内でより高まってきた。今月21日には勝本町、かざはやで午後7時から、外国人として初めて、東京芸術大学邦楽科の大学院を卒業し、人気テレビ番組「はなまるマーケット」に出演するなど、全国各地でコンサートなど開くカリフォルニア出身の尺八奏者、ブルース・ヒューバナーさんが来演、東日本大震災で大きな被害を受けた福島への思いを訴える「フクシマを思う遥か壱岐の島から」「尺八の演奏とフクシマのスライド&トークの夕べ」が開かれる。
 尺八のソロコンサートというのは、自分にとっても初めての演奏会であり、料金も500円と極めてリーズナブルに設定されている。トークやスライドを含めてどんなコンサートになるのかと、今から心待ちにしている。チャリティーイベントでもあり、当日は義捐(ぎえん)金箱が設置されて寄付されるという。
 先月22日号のこの欄で、「本市も、芸術などの文化面、感動という、人々の心を動かし、前向きに生きていこうとする力を生み出す、与える力がある『文化』の育成に、その力点を置いてみるのもよいのでは」などと書いた。ほんとうに文化を育てたいと思う。文化もやはり人づくりからである。「育てよう」と思う心を、自分を含めどれだけ豊かに育てられるかが鍵となる。それは今後の壱岐にとっても同様である。


○ひとしずく

テレビを観ていると、最近は制作費を節約するためなのか、駆け出しの”お笑い”芸人や若いタレントを、力あるタレントが上手に使う番組が多い▼使ってほしさに、いじめや虐待の方法を示しているかのような番組に出演し、心身ともにそうとうな痛みを感じながら、仕事として頑張っているのか―などと感じ、怒りを覚え気分が悪くなる前に、チャンネルを変える▼「他人の不幸は蜜(みつ)の味」の言葉がある。自分はまだ大丈夫、この人よりはまし―などと、自分の状況や存在価値を、他人の失敗や不幸になった様子と比べ、不謹慎であると理解しながらも、ほくそ笑み自分を安心させるという姿を、逆手に取っての制作スタイルである。その負のエネルギーの広がりには、恐ろしくさえある▼中には、自分の考えを押し付け、相手が理解せずとも打ち負かし、受け入れさせようと、大声で他人の声を消そうとするような出演者もいる。こうした議論と言えない議論をして見せているような番組は、内容やテーマが良かったとしても、そうした人物を使って面白さを演出している意図が貧相に感じられる。が、時々、笑いながら観ている自分もそこに在ることに気づくととても悲しいもの▼心が萎えるような表現を止めると存続できないものは、節電のためにも打ち切った方がよいと強く思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。